操作が簡単なリキッドタイプの電子タバコが増えている

電子タバコは、グリセリンやプロピレングリコール、水、香料などを含んだ液体を用いた吸引器具として世界各国で普及しています。特に、ワンタッチ式のリキッドタイプの電子タバコについては、通常の紙巻タバコと比べて操作が簡単なことや、費用が安く抑えられるといったメリットがあります。また、海外から輸入された電子タバコの中には、リキッドにニコチンが含まれているものもあり、ヘビースモーカーなどの間でも人気が集まっています。最近では、カートリッジやバッテリーの交換の手間が掛からない電子タバコも増えており、ヘビースモーカーだけでなく、タバコを始めたばかりの人にとっても手が届きやすいものとして位置づけられるようになっています。

禁煙効果が期待できる電子タバコもある

ニコチンやタールなどの有害物質を含まないアルコールを主原料とした電子タバコは、使用方法によって禁煙効果が期待できるものもあります。日本人の喫煙者向けに開発された禁煙グッズの中には、年齢や性別などによらず気軽に携帯できる電子タバコも少なくなく、禁煙に意欲的な人の間でニーズが高まっています。また、電子タバコの安全性については、製造国や使用方法などによって大きく異なるため、信頼できる購入先を選ぶのはもちろんのこと、より多くの愛用者の口コミを参考にすると良いでしょう。その他、禁煙効果を高めるためには、正しい電子タバコの使い方をマスターするだけでなく、禁煙外来がある医療機関で定期的に診察を受けることが大事です。

vape(ベイプ)」は、香りなどがつけられた液体を電気で気化させて、発生した蒸気を吸って味わう嗜好品です。液体にはさまざまな種類がありますが、通常、日本で販売されているものにニコチンは含まれていません。