時計をしたままお風呂やシャワーに入る

機械式時計の中には防水機能が搭載されたタイプが多く発売されていますが、防水機能があっても熱には弱いとされています。例えば、お風呂やサウナ、高温のシャワーを浴びてしまうと時計の内部に高温の水蒸気が入り込んでしまい文字盤が曇ってしまう可能性があるのです。そのため、時計を外してからお風呂やサウナに入ることで時計の故障を防ぐことができます。

テレビやスマートフォンなどの電子機器の近くに置く

機械式時計は磁気にとても弱いです。テレビやスマートフォンなどは磁気を発しており、これらの近くに時計を置くと時刻が狂ったり針が止まったりといったように精度が悪くなってしまうのです。秒針が1秒単位でしっかりと刻まれるクオーツ時計は磁気の影響を受けてもそのまま使うことができますが、機械式時計の場合、磁気を受けてしまうと専用の機器にかけて磁気を除去しなけらばならず手間と費用がかかってしまいます。このような事態を避けるために、例えば仕事から帰宅した際に時計を外しスマートフォンと同じ場所に置く、ということは避ける必要があるのです。

ケースに入れずに保管する

機械式時計は埃や直射日光、湿気を苦手としていますので、このような場所を避けて保管しなければならないのです。ケースに入れて保管することで、仮に落下させてしまったとしても衝撃から守ることができますし、埃や直射日光からも守ってくれます。朝の忙しいときにいちいちケースから取り出すのは面倒、という人もいるかもしれませんが、この作業を怠ってしまうと故障につながる可能性が高まってしまうのです。

ウブロの魅力といえば、船の側面に備えられる小窓をイメージした革新的でクリエイティブなデザインです。丸型のベゼルをビスで留めたデザインは、個性的でありながらも気品を感じさせます。