用途別に数を絞ってみて

便利なキッチン雑貨はいくつあっても良いという事で、ついつい数が増えてしまいがちです。しかし、実際には同じような用途のものは一度に使う事はなく、場所をとってしまいます。雑貨の数が多くなればなるほどキッチンも乱雑になりやすいですし、掃除も行き届かなくなりキッチン全体の衛生も保ちにくくなってしまうのです。一つの用途には原則として一つ、という形で数を絞ってみましょう。もし新しいものを購入したら、その時点で古いものを処分します。今使っているものを処分しても手に入れたいものかどうか、という事を考えると、むやみに数を増やさなくて済みますから、キッチンもキレイな状態を保ちやすくなるのです。ついつい物が増えがちな人は注意してみましょう。

見た目を統一するのがおすすめ

それほど数が多いわけでもないのに、なんとなく乱雑に見えてしまうという場合、全体として見た目が統一されていないということが多いものです。そういった場合は、どこかのポイントで見た目を統一するということがおすすめです。例えば、形が違うものでも色を揃えることで、統一した印象になります。目に触れてもそれほど乱雑に見えにくいものです。これからテーマを決めるなら白など普段から手に入りやすい色を選んでみるのが良いでしょう。既にある程度雑貨がある場合は、最も多い色柄にそろえるのがおすすめです。また、すべてのキッチン雑貨を一気に揃えるという場合には、同じメーカーの同じシリーズなどで揃えるようにすると、全体の印象をまとめやすくなります。

箸置きやランチョンマットなどのキッチン雑貨をそろえれば、食卓が華やかな雰囲気になります。お気に入りのメーカーでそろえれば、統一感を出すことができます。